放射線治療で癌をピンポイント対策|癌ごとに正しい治療を

患者

食事で予防しよう

メンズ

がんに有効的

肺がんを食事で防ぐと聞いても全く関連性が無いように思われますが、実はそんな事は無く、普段の食生活も肺がん発生に大きく関連している事が分かっています。逆の考え方をすれば食事に気をつける事で肺がんを予防する事は十分可能なのです。タバコを吸うとビタミンCが壊れるという話を良く聞きますが、これは本当の事で、タバコを吸っている人は体内のビタミンCが大量に失われているのです。ビタミンはがんの原因の一つである活性酸素を打ち消してくれるのがビタミンCです。緑黄色野菜や果物にはビタミンCが豊富に含まれているので積極的に食べましょう。また、豆類に豊富に含まれているフィトエストロゲンという物質が肺がんに有効だという事が分かっています。

その治療は

肺がんは現在、年間の死亡者数が特に高い病気の一つです。また主な発症の原因は喫煙ですが、本人は喫煙していなくても喫煙者が身近にいる場合、その人の呼気や衣服などに付いた煙の成分を吸ってしまうことに繋がるので、誰しもが肺がんにかかる可能性があるのです。そのため肺がんを予防するのであれば、喫煙をしないことが第一に挙げられます。さらに肺がんは、初期症状があまり見られず進行が分かりにくいことが多いので、定期検診などは可能なら頻繁に受けておく必要があります。それから肺がんに罹っていることが発覚した場合、その進行具合や患者の状態によって治療法も異なっていますが、主な方法としては化学療法が一般的です。とはいえ副作用が見られることもあるので、身体的な負担の少ない免疫療法などと並行して行われることも多くなっています。