放射線治療で癌をピンポイント対策|癌ごとに正しい治療を

患者

早期発見が大切

カウンセリング

近年乳がんの罹患率は増加しています。比較的若い30〜40代の女性でも発症することが多いがんなので、若いからといって油断できません。乳がんは自分で症状に気付くことが出来るがんでもあります。定期的に乳がん検診を受けたり、普段から自分の乳房をチェックしたりして、とにかく早期発見することが大切です。乳がん検診には、医師による視診や触診の他、マンモグラフィーと超音波検査があります。マンモグラフィーは乳房専用のX線検査です。2枚の板で乳房を平たくしX線をあてることで、しこりになる前の乳がんを見つけることが出来ます。超音波検査は、高い周波数の音波を出すことで、乳房内部の様子を画像として映し出し、異常がないかどうか確認するものです。マンモグラフィーの方が正確性は高いですが、20代までの若い人は乳腺が発達してX線での判別が難しいので、超音波検査の方が人気です。検診は各市区町村で行われています。対象年齢や費用は地域により異なりますが、無料で行っているところもありますので、一度問い合わせてみてください。

自己検診は月一で行うとよいでしょう。生理前は胸がはっているので、しこりが見つけやすいのは生理が始まってから1週間前後です。閉経後の方は日を決めて実施するとよいです。やり方は簡単です。まずは裸で鏡の前に立ち、両腕を楽におろして乳房をチェックします。乳房の形や色に変化はないか、ただれたりへこんだりしている部分はないかなどを調べます。次に両腕をあげて、同じことを調べます。その後は仰向けに横になります。肩の下にタオルや枕を置くと、しこりに気付きやすいです。反対側の手で乳房から脇の下までくまなく触り、しこりがないか確認しましょう。指先でつまむと乳腺をしこりのように感じてしまうことがあるので、手のひら全体で触るよう気を付けてください。最後に乳頭をつまみ、血液の混ざった分泌物が出ないか確かめます。左右行ったら終了です。もし異変に気づいたら、すぐに病院に行ってください。乳がんには有効な治療方法が多くありますので、早期発見出来れば完治させることも出来ます。自己検診を習慣化して、早めに異変に気付けるようにしましょう。