放射線治療で癌をピンポイント対策|癌ごとに正しい治療を

先生

早期発見が大切

カウンセリング

最近増えている乳がんは、早期発見が大切です。そのため定期的に乳がん検診を受けましょう。マンモグラフィーや超音波による検診があり、市区町村でも実施しています。また、自己検診を月一で実施しましょう。鏡の前で乳房の形を確認したり、仰向けに寝たまま乳房を触ってしこりがないか調べます。

詳細を読む

ピンポイント照射で安心

患者

現在、日本で癌に対する治療として有効とされているのは三つあり、一つめは外科手術、二つ目は化学療法、そして三つめが放射線治療です。放射線による治療がなぜ癌に有効なのでしょうか。実は正常な細胞と癌細胞では放射線に対する耐性に差があって、癌細胞は放射線を当てられるとそれ以上細胞の増殖をしなくなりやがて消滅してしまうのです。放射線治療は癌細胞のこの独自の性質を最大限に利用した治療法だといえます。一方、この放射線治療は現状のところ完全に正常な細胞にあてないような治療方法は開発されていないため、正常な細胞も少なからずダメージを受けますが、正常な細胞は癌細胞とは違い、放射線治療によって受けたダメージを修復することができます。

放射線治療を受ける際の注意点はどのようなものでしょうか。まず、唯一のデメリットとして、癌細胞を攻撃すると同時に周辺の細胞にもすくなからず放射線が当たってしまいます。勿論微量の放射線であれば健康被害はあり得ませんが、気にする方にとっては注意すべき点でしょう。また、長年の研究の結果サイバーナイフなどのように周りの正常な細胞を最大限傷つけないようピンポイントで放射線を照射するような装置も開発されています。もう一つの注意点はどんな癌にも効き目があるというわけではないという点です。具体的には早く大きくなる癌は細胞分裂が活発なので放射線治療がとても有効ですが、ゆっくり大きくなる癌に関しては放射線治療はあまり効果が見られない場合が多いです。また、治療方法の性質上、強い放射線を当てることが難しいので治療期間は長くなる傾向があります。

保険は効かない

看護師

新しい免疫療法の一つが、樹状細胞療法です。がん細胞の持つ抗体情報を攻撃型の細胞に伝えることにより効率よくがん細胞を攻撃することが出来ます。この治療は他の治療法と併用して治療を進めていく方法などがあります。

詳細を読む

食事で予防しよう

メンズ

肺がんは食事でも予防が可能です。緑黄色野菜に多く含まれているビタミンCや、豆類に多いフェトエストロゲンを効率よく摂取しましょう。年間での死亡者数が多い病気ではありますが、化学療法や免疫療法などで副作用や身体の負担を抑えながらの治療が可能です。

詳細を読む